HOME >> 製品紹介 >> メガクール

メガクール

間接気化冷却空調機

表


液体が気体になるとき、気化熱現象で周囲から熱をうばいます。身近なものでは、夏の暑い日に外に水をまく打ち水が同様の現象です。
この原理を利用して、コンプレッサーを使用せずに空気を冷やすのが、間接気化冷却空調機「メガクール」です。








メガクールの特徴

  1. 外気又は室内空気を水の気化現象で加湿せず冷却して給気
  2. フロン等冷媒ガス未使用によりCO2大幅削減(環境貢献)
  3. 内蔵ボイラーにより、冬季暖房可能(排熱利用可)
  4. 室内環境改善(陽圧化管理)
  5. 既存空調設備の電気・ガスエネルギー大幅削減

システム図


  • 「メガクール」は、入口空気の温度、湿度によりますが18℃まで吹き出し温度を下げられます。
  • 抗菌剤を使用しておりますのでカビ、バクテリアの発生を防ぎます。
  • 散水には一般の水道水や雨水を使用しますが、水質によっては軟水器を使用します。
  • 夏期、中間期は、「メガクール」は加湿をせずに冷却ができます。
  • 冬期には「メガクール」は暖房加湿もできます。
  • 「メガクール」は「デシカント空調機」の中に一体型として組み込みもできます。また、別置きとして使うことも可能です。

メガクールの効果

夏に外の空気が35℃の場合でも、水だけで24〜26℃まで冷やせるので、
  エアコンを動かす時間が短くなることで、電力を削減できます。
  また外の空気があまり高くない季節はエアコンを使わず、メガクールだけで
  冷房ができます。
  「メガクール」を利用して、地球温暖化防止に役立てましょう!

外気条件グラフ

▲ページトップへ